商工会議所の検定

商工会議所の検定

年間で約200万人の人たちが挑む商工会議所の検定試験。
「商工会議所法」に基づき、統一基準で全国実施される「公的な」検定試験であり、確かな人材育成の実績が各企業から高い信頼を得ています。
商工会議所の検定試験は、学校教育における試験とは異なり、社会人として活躍できるかどうかを判定するのが特徴です。受験者は小学生から大学生、社会人、高齢者の方まで実に幅広く、専門的な知識や技能を身に付けたり、自分自身のステップアップのために検定試験を活用しています。
つまり検定試験は、社会人として必須のライセンスであり、目に見えない大切な財産なのです。あなたのライフプランに、きっとお役に立つ資格となるでしょう。

簿記検定試験

簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、企業の経営成績と財務状態を明らかにする技能です。企業の活動を適切かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるために、簿記は必須の知識です。

珠算検定試験

そろばんを学習することは、脳の活性化に役立つといわれ、計算力や暗算力はもとより、集中力や持久力、記憶力なども養われるとして、その効用が見直され、最近は認知症予防のため、介護施設などで高齢者向けの講座が増えています。

検定試験に関するお問い合わせは

小野商工会議所 振興課
TEL:0794-63-1161 FAX:0794-63-3460

※平日8時30分~17時まで(土日祝日は休業しております)
〒675-1395 兵庫県小野市王子町800-1 小野商工会議所  TEL:0794-63-1161 FAX:0794-63-3460
Copyright © 2014-2017 小野商工会議所. All Rights Reserved.